マックスむらいの活動まとめサイト!

人気Youtuberであるマックスむらいと、彼が立ち上げた会社AppBankについてまとめてみました。

マックスむらいの勤めるAppBank(6177)の株主優待について

   

マックスむらいが勤務していることでも知られているAppBank。

彼は今AppBankにて「取締役 メディア事業部長」という役職にあり、日々様々な活動を行っています。

この会社がここまで成長できたのは、彼の影響、そしてパズドラの影響などがあったと思いますが、今では東証マザーズに上場するまでの会社になりました。

上場されたわけですので、一般的な取引方法で当然株式の売買を行うことができます。

 

株式によっては株主優待が設けられていることもあって、中には株で儲けることを目的にするのではなくて、株主優待サービスを目的にしている株主の人も多数います。

魅力的な株主優待を用意すると当然株を買ってくれる株主が増えるので、会社側も積極的に優待制度を取り入れている様子が窺えます。

 

AppBank(6177)も他社と同様に株主優待があって、1年に1回、そして権利が確定するのは12月となっています。

所有株式の数が100株の場合、3枚の商品券がもらえ、使用することができます。(ネットショップなどで購入する際に使用可能)

500株になると10枚進呈され、2000株になると20枚(2万円分)と予約制レストランの招待券が進呈されます。(1枚)

5000株となると商品券が30枚(3万円分)、レストランの招待券が3枚。

10000株の場合は商品券が50枚(5万円分)、そしてレストランの招待券が5枚となります。

 

2016年12月22日15時現在の株価は1株につき950円となっています。

100株=95000円となりますので、10万円弱の投資で、商品券が3枚(3000円分)進呈されるようになります。

権利獲得した後に売却する人もいるかもしれませんが、株価が購入時よりも上がっていると儲けることもできますよね。

 

株式投資にはリスクがつきものですが、株主優待というお得さ満点のサービスを賢く活用することができれば、非常にお得な思いができるはずです。

株式投資を行うにあたって、購入する株の選定作業をすることになりますが、なかなか難しいものがあります…

そんな時には株主優待にも目を向けて、少し違った視点で株式選択をしても良いかもしれませんね。

 

マックスむらいの勤めるAppBank(6177)はまだまだ上場してから歴史が浅い会社ではありますが、知名度は相当あります。

マックスむらいファンにとっては喉から手が出るほど欲しい株主優待が用意されているので、注目したいですね。

 - 未分類